弊社製ディスプレイのリフレッシュレート表記について消費者庁による調査終了のお知らせ

2018年10月12日

 株式会社UPQ(アップ・キュー)は、平成30年3⽉29⽇付け消表対第321号措置命令に基づく措置に当たり、消費者庁に同命令に基づく措置完了報告書を提出しておりましたが、昨⽇2018年10⽉11⽇消費者庁表⽰対策課による調査が終了し、措置の内容が適当であると認める通知を同庁より受けましたことをお知らせいたします。
また、同通知により課徴⾦の納付を命ずる必要がないとの結論をいただきましたことも、合わせてお知らせいたします。

 

 2017年4⽉12⽇より、同年6⽉30⽇までギフト券によるキャッシュバック対応を⾏った(https://upq.me/jp/news/20170412/)他、措置命令に係る調査対応、措置命令に基づいた「全国紙の新聞2紙でのお詫びと周知」「1 ヶ⽉間の⾃社ホームページでのお詫びと周知の実施」「再発防⽌策の実施と実施後の消費者庁への⽂⾯での報告」を実施いたしました。

 

 以上をもちまして、措置命令により弊社の取るべき全ての⼿続き及び課徴⾦に係る調査は終了となります。
本件により、お客様をはじめ、関係各位に多⼤なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
今後も、弊社商品⼜は役務に係る表⽰につきまして、景品表⽰法に違反することのないよう管理体制の⼀層の強化を継続して実施して参ります。